メンヘラが生きるための日記

便所の落書きなので読まなくていいです。

372日目 メールが来たので

こんにちは、えり(@fuchs_tagebuch)です。

「一年前のブログを振り返ってみましょう」みたいなメールが来たので振り返ってみることにしました。

eri-mazai.hatenablog.com

めっちゃ病んでて草。


いや、しょうがないですね。あの頃辛かったですし。

もうあれから一年も経つのですね。自殺も結局やっていないし、やる気も失せちゃいました。今は好きなことをやって楽しく過ごせているので、自分でもびっくりするくらい回復しています。まあそれも支えてくれる人達のおかげなんですけど。

バレンタインは日頃お世話になっている方々に渡しました。

一ヶ月くらい更新してなかったのですが変わらず元気にやっています。本を読んだり、創作したり。きっと何もせずにいたら一年前と同じように思考の渦に呑まれてメンタルボロボロ状態なのでしょうが、何も考えずに熱中できることがあるっていいですね。

昨日コンサータを休薬して今日からまた飲み始めたのですが、今日は頭痛と頭がなんとなく覚醒していない感じがあります。気圧による体調の変化が起きるほど敏感じゃないと思っていたのですが、案外影響されてるのかもしれません。気圧確認できるアプリを見ていたら「警戒」の表示がありました。

花粉ももう飛び出しているのですね。確かに暖かい日もあるので、花粉症の人は辛いだろうなあと思うと同時に自分もいつ発症するか分からないのが怖いです。沢山薬飲んでるのでこれ以上増やすと飲み合わせが心配です……。

人生何があるかわからないですね。こうして元気にこれからもやっていけることを願うばかりです。

336日目 読書をしました

こんにちは、えり(@fuchs_tagebuch)です。

昨日は模写をしたあと、疲れたので読書をしました。二ヶ月くらい前に三分の一くらい読んで放置していた「すばらしい新世界」を昨日の夜一気に最後まで読み進めました。

あれ、今までジョージ・オーウェル作だと思ってたんですけど全然別人でした。読書エアプを晒してしまった……恥ずかしい。

読む前に大まかなあらすじや面白い所を聞いていたのでかなり楽しく読めました。考察とか批評とか大層なことは読解力のない私にはできないので適当に感想をメモしておきます。一度読んだだけで記憶もガバガバなので、的外れなこと言ってるかもしれませんが大目に見てください。

一番おもしろかったのはやはり文明社会のボスであるムスタファ・モンドと野蛮人であるジョンが相見えるところでしたね。ジョンは読者の価値観に近い存在で、彼が統制官と話しているシーンはいわばあの世界のネタバレというか、狂っているともとられる世界のボスと自分が対峙しているようでテンションが上がりました。私は全くシェイクスピアを知らないのですが、作品の一節を引用しながらの応酬はなんかよくわからないけどかっこよかったです(作文)

しかし複雑で面白いなあと思ったのは、彼らは確かに異なる価値観の代表なのですが、文明社会と野蛮人の単純な二項対立として描かれているわけではないところでした。ムスタファ・モンドはかつて優秀な物理学者で、文明社会では猥褻で忌むべきものとされる芸術や宗教に造詣が深い。一方ジョンも、育ったところこそ未開の地ですが、母親は文明社会から来た人間で小さい頃から「すばらしい新世界」のことを聞かされていた。どちらも文明社会、野蛮人両方の要素を備えているのです。多分。

危険分子だと突き放すことはせず、ある時はジョンの訴えを肯定しながらこの世界がいかに安定しているかを説いた。結局、ジョンは彼に勝てなかったのだと思っています。意志は貫いたけど、相手の思想を覆すだけの反論はできなかった。その意志もやがて強迫観念的に自身を追い詰め、興味本位でやってくる人々に精神をやられて自ら命を絶ってしまった……。

まあ、ジョンはそれでもよくやったと思います。母親がよそ者だったことからのけものにされ、母親の苦しみを見続け、1人で何もかも常識はずれの世界に放り込まれて、正常でいられる方がおかしいですからね。

個人的にはバーナードがお気に入りです。彼が一番人間臭いというか……コンプレックスを抱えて疎外感を抱え、条件づけに従って生きる人たちを冷笑的に見ていた彼も、周囲からちやほやされはじめると途端に享楽に溺れて埋没してしまうところとか、すごくよかったです。小物っぽくて。

まあしょうがないんですけどね。バーナードも皆と同じように条件づけセンターで育ち、文明社会の価値観を植え付けられていて、シェイクスピアや難しい科学のことなんかは全く知らないのです。ただ少し皆と外見が違っていたから劣等感に苛まれ鬱屈した気持ちを抱えていただけで、反動でああなってしまうのは当然だと思います。


読む前からあらすじを聞いて「え、なにそれ理想の社会じゃん」と思っていた私ですが、読み終わった後もそれは変わりませんでした。科学技術の発展や為政者への風刺としてこの作品が書かれたらしいので作者の意図とは異なってしまうかもしれないですが、絶対にあの社会のほうがいいと私は思います。

歳を重ねた人ほど、ムスタファ・モンド(というか文明側)の思想に共感してしまうのではないかと思います。私は共感しまくりました。特にこれ。

現実の幸福は、みじめな状態の過剰補償に比べればつねに卑小なものだ。また言うまでもなく安定性には不安定性のような派手なところがない。現状への満足には不運との果敢な闘いの持つ壮大さがなく、誘惑との苦闘や、情熱や疑いへの致命的な敗北傷が持つ華麗さがない。幸福とは偉大なものではないんだ

もう……それな〜〜!!!です。

現実で好まれるのはいつもジョンのような思想です。自由を求めて戦い、傷つく感動の物語。でも、空想の世界ならいざ知らず、現実に生きる私達がそんな不安定な環境にわざわざ身を置くのは自分を傷つけているようなものだと思います。

こういうことを考える時、以前読んだ進撃の巨人やサンホラのmoiraを連想します。彼らは自由を求めたが、その先にあったのはさらなる苦難の道でした。自由を欲したのは現状が不満だからです。敵に虐げられるのはたくさんだと、幸せになりたいと立ち上がったのに、幸せにはなれなかった。自由と幸福は両立しないのです。

現実の世界で考えてみても同じです。もちろん、不当な抑圧や暴力を肯定するわけではありません。長い歴史の中で人類が自由を掲げたのはそれらから脱するためですが、しかし自由になって人々が幸福になったかというと疑問です。いくらかマシになったとしても、それは不完全な幸福です。

自由とは自分の不始末や能力の違いを、全て自分が背負わなければいけないということです。障害があっても、人より容姿が劣っていても、勉強ができなくても全部自分の問題、そして一部の有能なものだけが美味しいところを持っていく。この格差は、どうやってもなくなりません。弱いものは弱いまま生きなければならず、強いものは好きにできる。なるほど自由は強者にとって都合のいいものですね。

すばらしい新世界の仕組みにも格差というか、身分制度がかなりはっきりあります。しかし条件づけのおかげで下の身分の者が上の身分の者に敵対心や羨望を抱いたりはしないようになっています。

ある意味では洗脳に近いものですが、それで社会が安定し、個人も幸福に生きられているのです。そして何かあれば合法麻薬を飲んで何もかも忘れられる。苦しみが絶えず生き続けなければならない現実と、倫理や道徳なんてあったものじゃないけど現状に満足したまま死ぬまで過ごせる社会、幸福なのはどちらなのでしょうかね?不幸になる権利は、本当に必要なのでしょうか?

またヘルムホルツは文明の娯楽を「白痴のしゃべる物語」と揶揄しましたが、幸福であるためにはある程度白痴的であることも必要だな、と思いました。いつも私は無知は罪であると信じてやみませんが、それは自己防衛のためです。自由な社会においては、情報を多く持っていなければ食い物にされてしまう。

かつて科学に携わり真理を追い求めたムスタファ・モンドと何も知らない労働者ではどちらが幸せそうかなど一目瞭然です。何も考えず、整えられたレールの上を走っている方が絶対に幸せなのです。それは人間としてどうなのか?と思う自分もいますが、それは現実社会で培われた価値観に過ぎませんから、無視すべきです。

誰も苦しい経験などしたくない、人間は幸せに生きるべきだという考えが根底にあるので、あの世界はまさに理想郷に見えました。フリーセックスだけはちょっと……と思いましたが、やはりそれもあの世界に生きていれば抱くことすらない考えです。

疑問点をいくつか。上の文章で文明社会を新世界と書こうか迷ったのですが、すばらしい新世界とは、この文明社会ではないのかな、と思いました。ジョンが母親から聞いて膨らませた想像の世界、それがすばらしい新世界なのかなあと。結局文明社会はジョンの心のなかにあった新世界とはかけ離れていたわけですが。現実との乖離に直面するたび「すばらしい新世界!」と心のなかで言っていたので、なんか皮肉的な意味もあるのかな?

あと、最後まで読んでも時折出てくるミランダという女性の正体はわかりませんでした。見落としているのでしょうか。

それから、野蛮人で危険な思想を持つジョンを実験と称して島送りにしなかったムスタファ・モンドの判断も?でした。彼が活動したら社会の安定性が揺らいでしまうかもしれないのに放置したのは、民衆が彼の思想を理解するだけの能力を持たないと思ったからなんですかね?結局彼は物珍しい動物でも見るように消費されてしまったわけで、そこまで見通していたならすごいですね。

とまあ、こんなことを考えていました。多分着目すべき点はもっと他のことだと思うのですが、あえて間違う恐怖に立ち向かってみました。

あーーめっちゃ書いた。夢小説は1000文字も進まないのに……。

とにかく面白かったです。フォロワーさんからおすすめされた小説もたくさんあるので、今まで本を読む習慣がなかった分、これからも色んな本を読んでいきたいです。おわり

330日目 変わったなあと思うこと

こんにちは、えり(@fuchs_tagebuch)です。

遅くなってしまいましたが新年あけましておめでとうございます。お正月はコンサータの休薬日と重なったせいもありひたすら寝ていました。今年も変わらずメンヘラですがお付き合いいただけると嬉しいです。

新年一発目の更新ですが、相変わらず暗くてどうでもいい話ばかりです。

昨日ほんの軽い気持ちでやった性格診断で、本当に自分はどうしようもないなあと思うとともになんとなく自分の人生について考えていました。こちらのツイートです。

(ていうかこれ去年のうちにやるやつじゃないのか)

まあお遊びというかそんなに精密なテストではないので気にする必要もないのかもしれないですけど、結構当たってるんですよね。ネガティブで臆病、傷つきやすくて消極的と散々な結果です。自分がいかに根暗な人間なのか分かりますね。

私という人間は、大体診断の通りだと思います。けどそればかりじゃないと思えるようになっている自分に、少し驚きました。

大局的に見て、私の人生はクソです。まあハロナイでシェイマスが歌っている通り基本的に人生なんてロクなもんじゃないのですが、本当に不運な人生だったと思います。

あの親のところに生まれていなければ私は全く違う性格になっていたと思います。肉体的にも精神的にも虐げられ全く掃除のしていないホコリまみれの部屋で弟と一緒に閉じ込められ、「普通の生き方」を押し付けられた。発達障害に理解など当然なく親の掲げる普通と自分の能力の低さ、周りとの差にどんどん精神が追い詰められていった。就職もできずアルバイト先ではあまりのトラブルの多さに何度も上司と面談させられ、いじめと呼べるほどのものではないけれど周りから明らかに避けられていた。精神科に通っても薬で全て解決するはずもなくODに手を出した。気づけば自殺の道具を揃えていた。

こんなの、耐えられますか?

いえ、世の中にはもっと過酷な環境から逃げることもできない人が沢山いることも分かっています。けど、私は本当に辛かった。今でも強い口調……最近だとお笑い芸人のネタですら、心臓が苦しくなって泣きそうになってしまって、思ったより心の傷が深いことを実感しました。虐待によるトラウマだけではありません。自分の未熟さ、障害のせいで傷つけてしまった人達がいることも辛さの一端です。

どうして自分ばかり、と思う反面、自分を責め続けてもいます。自分のせいで不快になった人がいる、これといった才能もない、欠点しかない人間……生きていても迷惑しか掛けないのなら、やはり死んでしまうのが一番なのではないか。


と思っていました。少なくとも、一年くらい前までは。

正直今でも思わないことはありません。親のこともたまに思い出しては悲しんだり腹を立てたりします。ただ、頻度は減っている。

悲観こそすれど、それでも楽しいこと、嬉しいこともそれなりにあることに、ようやく目を向けられるようになってきたのです。今でも人生がクソであるという意見に変わりはありませんが、クソだからこそ、その中の幸せは際立ちます。

自分の中で最大の障壁であった親とはもう連絡すら取っておらず、一人で何も邪魔されずに自分のペースで趣味に打ち込むことができる。親に監視され気力すら奪われていた私にとって、こんな幸せなことはありません。人付き合いは苦手だけれど同じ痛みを理解してくれる人達がいて、心無い言葉をぶつけてくる人間とは関わらずに済んでいる。

幸せはすぐ近くに転がっていたなんて言いますが、今までの私は自分が苦しくて周りに目を向けられませんでした。

でも今は違う。少しずつだけど周りが見えてきて、嬉しいこと楽しいことを素直に受け取れるようになってきている。むしろこんなに快適で幸せで、いつかしっぺ返しがくるのではないかと思うくらいです。他人を傷つけたり嫌な気持ちにさせてしまった自分が、こんな気持ちになることが許されるのか?

自分が変われたのは、いつも言っていますがひとえに周りにいてくれた人達のおかげです。こんなマイナス点しかない人間を見放さず、見守って、優しい言葉をかけてくれた人達がいたから、自分は幸運にもちょっとだけ前向きになることができました。

こんなことを書いていると、(お前もそっち側なのか)と思う人もいるかもしれません。正直私も苦しかった時幸せそうにしている人間の言葉は苦痛でしかなかったので私がどうこう言えることじゃないです。すみません。ただ私は今ももちろん苦しいしメンヘラだけど、悲観しかなかった頃と比べて自分の変化が嬉しかったというだけです。

余裕が出てきたので、今度はかつて自分にしてくれたのと同じように、苦しんでいる人達を見守る側になれたらいいなと思いました。自分なんかに何かができるわけもないけど、ただそこにいるだけでも私は救われていたから、そんなふうになりたいと。

今年はそうした幸せを感じながら心穏やかに生きたいですね。たとえ幸せだと感じる心の動きが、辛い現実から逃げて自分を正当化するだけのものであったとしても、です。

323日目 今年最後の更新

こんにちは、えり(@fuchs_tagebuch)です。

もうすぐ2019年も終わりですね。皆さん年末はどのように過ごされますか?私はいつもどおり引きこもって趣味をやりながら新年を迎えることになりそうです。

今日は筋トレが終わった後ずっとTwitterでとある漫画を見ていたらこんな時間になってしまって、お絵描きするにも中途半端な時間(集中しすぎて夜遅くまでやめられないのです)なのでお風呂掃除だけ終わらせてブログに日記でも書くことにしました。

そのTwitterの漫画というのがノンフィクションのかなり長い漫画で、少し気持ちが引きずられてしんどい気持ちになってしまったのでここで吐き出させてください。

別に何か嫌なことがあったわけじゃないんですけど、こういう影響されやすいの、あんまり良くないですよね。私はアスペルガーなので共感性は低い方なんですけど、こういうときだけ変に感情移入してしまうという……。多分自他境界が薄いんだと思います。

できるだけ気をつけてはいても、思わぬところで無神経なことを言ってしまったり知らずに傷つけてしまうことがよくあるんです。辛い人にどんな声をかけたらいいのかわからない、的外れなことを言ってしまって後悔したことも数え切れません。そのくせ、人の辛い経験を聞くとすぐ辛くなってこうして捌け口を求める……。

他人は他人と割り切れてしまえたら楽なんでしょうね。どうせ共感などできないのだからただ自分の精神が不安定になるなら完全に他人事にしてしまえばいいのに。けれど、そうした話(今回は漫画ですが)の中でその人がどれだけしんどい気持ちで生きていたか、どれくらい葛藤して悩んで振り回されたか、想像すると胸が張り裂けそうなほど苦しくなってしまいます。

そして、皆本当に大変な人生を送っているんだなあと……自分が嘆いていた境遇など甘えでしかないのだなあとも思いました。比べられるものではないけど、私だったらきっと耐えられない。自分なんかより遥かに辛い人に慰めの言葉を掛けるのもなんだか上から目線みたいで嫌なので、何を言うこともできないのだけど。

辛い人に、どうしてあげるのが正解なんでしょうね?考えれば考えるほど、そして距離が近ければ近いほど分からなくなります。私は辛かった時に優しくしてくれたり、苦しみを認めてもらえるのが何より嬉しかったけれど、他の人がそうされることを望んでいるとは限らないですよね。アドバイスなんて知識がないしその人の置かれた環境が分からなければしようがないし……。

Twitterやブログでは疲れてしまった人が沢山いて、私は自分がされて嬉しかったこと、優しい言葉をかけるようにしていますが、いつも不安です。話を聞いて感じたしんどさの何倍もの苦しみを感じたであろう相手に、自分はあまりにも無力です。

で、本当にしんどいんですが、別に話を聞くことは嫌じゃないんです。引きずられすぎるのは自分の問題であり、また自分が聞いても聞かなくてもその人は苦しい思いをしているわけで、その一端を共有できたことはむしろ嬉しいことなんですけど……。まあ、SNSで過剰に反応してしまう自分が悪いですね。

年の瀬にとんでもなく暗い内容を投稿してしまいました。これを読んで気持ちが暗くなる人がいるかもと考えるとひたすら申し訳ないです。

今年は、本当に色々ありましたね……ほとんど引きこもっている生活でしたが、お絵描きを本格的にできるようになったり筋トレしたり、少しだけできることが増えた気がします。

死ぬほど辛いこともあったけど、それと同じくらい楽しいこと、嬉しいことがあったのでまあ結果オーライかなあ……って感じです。少なくとも死ぬことしか考えられなかった数年前よりはだいぶマシ。それもこれも、Twitterなど私の周りにいてくれる方々のおかげです。いつも感謝しています。

そんな人達に私は何もできないけれど、私が受け取ったのと同じくらい幸せなことがあるといいなと願っています。

もう今年も残りわずかですが、一年間ありがとうございました。そして、もしよかったら来年もこのメンヘラに付き合っていただけると嬉しいです。



フォロワー、幸せになって(口癖)

300日目 帰ってきました

こんにちは、えり(@fuchs_tgebuch)です。

3日に北海道から自宅に帰ってきました。

懸念していたゴミですが、虫も湧いておらず匂いもなく無事でした。カーテンを閉めていたのが幸いしたのでしょうか……なんにせよものすごく安心しました。冬で良かった……。

本当はすぐにブログを更新しようと思っていたのですが、やることが多くてメンタルが良くない方向に向かっていたので休養に専念しました。帰ってきた日は荷解きで疲れていたし、その次の日は病院から診断書をもらってきたり、通販で取り寄せていたコートの色が間違っていたり……。

昨日はもらった診断書を持って市役所に行ったり100円ショップで買い物をして、今日は間違って買ってしまったコートをGU店舗に持ち込んで交換してもらったりしました。……こう文章にすると大したことない(実際普通の人からしたらなんてことない用事なのですが)ですね。

ただ郵便局に行ったり証明写真撮ったり細々としたことが多く、忘れると更に二度手間になってしまうのでメモ帳にやることを細かく書き出して絶対に忘れないようにしました。そして今日その用事が全て終わったので一息つけるかなといった感じです。

自立支援、障害年金障害者手帳全ての更新の時期が重なっていたので本当に大変でした……不備は一応なかったものの、障害年金は変わらず受給できるのかわからないし……更新は難しいなんてネットの記事も散見されるのでもし打ち切られたらかなりの痛手ですね。



はーーーーぬわ疲……ゴミの件もそうだし通販もそうだし、ミスが多すぎるんですよね。メモもして確認もしつこいくらいしているのに起きるミスはどうしたらいいんでしょうか。対策の方向性が間違っているんでしょうか。バイトしていたときからそうですが、起こりようのないミスを起こすの、本当ADHDって感じで嫌になります。

でももう用事は終えたので、思う存分引きこもります。マジで本当に体力の限界です。今すぐ眠りたいのですがコンサータが効いているので眠れない……。

そういえばコンサータも規制が強化されるとかで大変ですよね。細かい情報は詳しい人が書いていると思うので書きませんが。コンサータがなくなったら私は何もできなくなるくらい覚醒度が低いのでやめてほしいです。

主治医は「病院としては変わらず処方する方針だが制度の説明などまだ話し合っている段階なのでなんとも言えない」だそうです(11月時点)。あとコンサータ覚醒剤みたいなものなのでいずれなくなるだろうとも。えぇ……(困惑)

帰ってきてから今日までずっと外出していましたが、たった3日の外出でこれだけ疲れて辛いのに毎日働いている人は本当にすごいですよね。駅まで歩いて、満員電車に乗って、職場まで歩いて……この時点で私は再起不能になりそうです。本当にえらい。同時にどうして自分は皆がこなしていることもできないのか……ととてもつらい気持ちになります。

筋トレして体力はついているはずなのに、疲労感はやはり半端ないです。できることをやっていくしかないと分かっていても、いつまでも変わらない自分に焦る気持ちもあります。人より疲れやすいことを理解されないまま、また自分も理解しないまま働いた結果自殺寸前までいってしまったので。

祖母は思ったより働けとは言ってきませんでしたが、他人といたりして異常に疲れやすいことや自殺しようと思ったことを話したら「疲れるのは誰にでもある」「それはえりの心が弱いからだ」と。

はい。そうですね……(心を閉ざす音)

いや理解されないことは分かっていたので話した私が馬鹿でした。心が弱いのは否定できないですが発達障害は誰にでも多少あることが度を越していて辛いことやうつ症状がなぜ起きるのか、きちんと分かってくれる人と一緒にいるべきだと痛感しました。このブログを読んでいる人やTwitterの人達は理解があると思うので、そういう人達とネットで交流するだけで十分です。

何度も北海道に帰ってこないのかとか東京に一人じゃ寂しくないかとか聞かれるんですが残念ながら東京のほうがずっと快適だし全く寂しくないんですよね。正直にそう伝えているけど分かってくれない……。

まあ、祖母も娘(私の母)があの調子で息子も上京、祖父が亡くなって広い家で一人過ごすのが寂しいのはとてもよく分かるんですけど……。

東京に来ればという提案も嫌だと言うのでしょうがないですよね。かなりいろんな面で助けてもらっているのは事実ですが私は祖母の寂しさを癒やすために生きているわけじゃない。と思うのは冷たすぎるでしょうか?

祖母の力になってあげたい気持ちもあるのですが、干渉されて自由がなく一人ではコンビニに行くのも大変な場所に戻るのは嫌なのです。今でさえ家事は最低限、洗い物も出さないようにして日用品は通販に頼っているような状態です。北海道で暮らすなんてまず無理でしょう。

そして何より、家事などをやらなくてはいけないことを差し引いても一人で過ごせる空間があることは精神衛生上必須なのです。知らない土地に一人でいることが心配と言いますが、誰も自分のことを知らない場所はとても快適です。田舎の人間の距離感はASDの私には無理でした。

また愚痴ってしまいました。まあどうせ死ぬなら、それまでは快適で楽しいところにいたいですよね。

296日目 やっと帰れる

こんにちは、えり(@fuchs_tagebuch)です。

明日東京に帰る予定です。長いような短いような帰省でした……自宅のことが気が気じゃなくて正直早く帰りたかったです。

今日は誕生日なのですが朝からめちゃくちゃ雪が降っています。降雪の少ない地域で根雪になるくらいの雪が降るのは12月下旬とかだったのでなんだか嬉しいです。いや、車運転する人とかにとっては全く嬉しくないでしょうけど。

冬好きなんですよね。虫はいないしぬくぬくできるし。夏は暑いだけで不快なので嫌いです。



あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


帰れるのは嬉しいんですが、同時に燃えるゴミに湧いているであろうあいつらとの戦いが近づいているということを意味しているわけであって……。ああああああ嫌だ……今日東京暖かいみたいだし……。

一人ではSAN値直葬不可避なので、リア友が通話に付き合ってくれることになりました。それだけでだいぶメンタル的にはマシになります。ありがとうリア友……割と本気で助かりました。大好きだリア友……。

土日に弟とカラオケに行ったり遊んできたので、今日は特別なこともせず夢小説でも書きながらゆっくり過ごそうと思います。結局絵を描くと言いながら一日くらいしか描かなかった……。現実はなかなか思い通りにいかないものですね。

それでは、また気が向いたら更新します。

f:id:eri_mazai:20191202122334p:plain

293日目 創作すること

こんにちは、えり(@fuchs_tagebuch)です。

虫の件は憂鬱ですがもうしょうがないので絶対何があっても根絶する方針でいきます。

今日は暇なので適当に考えていたことをつらつらと書きます。

先に言っておきます。おそらく先人が死ぬほど議論してきたであろうことで、知識もない自分がどれだけ考えたところで意味がないし車輪の再発明です。あとで恥ずかしくなるので多分消します。最後に絵を貼るので本文は読み飛ばして絵だけ見ても構いません。ていうか恥ずかしいのでそうしてほしい

私は一次創作も二次創作もやっているのですが、創作クラスタの多くは絵や小説を通じてそれらを表現していますよね。私もその例に漏れず絵を描き散らしたり稚拙ながら小説も執筆しているのですが、作業中はひたすら脳内にあることをそうした形にできることに悦びを感じています。脳汁が出る……。

ただ、それらの行為になんの意味があるのだろう、自分の表現したいという欲求はどこから来るのだろうと考えてしまうのです。

何かを残したいから?誰かに知ってほしいから?同じような属性の人と共有したいから?

何かを残したいから書く(両方を指す時には便宜的に表現を統一します)のだとしたら、誰にも知られない作品に意味はあるのでしょうか。誰もいない森で倒れた木は音を立てたか?なんて哲学的な問いがありますが、誰も知らずに埋もれていく作品を残したところでそれは存在していないのと同じです。

だからせめて誰かに知ってもらうために書く、というのなら確かにその時は認知している人がいる点で意味があるのかもしれませんが、知っている人もやがて忘れていきます。というか100年後には今生きている人間は皆死んでいるだろうしもっと時が経てば人類が、いや宇宙自体消滅してしまいます。

どちらにせよいずれ消滅することは避けられず、自分の頭の中にあるだけ(自分だけが認知した状態のまま)と誰かに知ってもらうことは時間的な差があるだけでほとんど変わらないのではないか……と思います。

では他人とつながるために書いているのでしょうか。確かに同じ趣味の人とは仲良くなりたいです。Twitterで創作に反応を貰えればとても嬉しいです。しかしそのために書いているわけでは決してないと言えます。例え誰とも交流がなくとも表現したい気持ちに変わりはありません。

では一体なんのためにわざわざ脳内の物語を出力するのでしょうか。誰に知られずともよい、残らなくてもよいのなら頭の中で完結して一人で楽しむことで十分なのに。

では創作への欲求は一体どこから来るのか。別に創作なんてしなくても死なないのに、何が自分をそこまで突き動かすのか。承認欲求も十二分にあるかと思いますが、先述の通り創作に他人の存在は関係ありませんからそれだけではないことは明白です。

ちなみに答えは出ていません。わからん。

本能的な欲求、と言ってしまえば簡単ですが、何か納得できる説明はないかなー……なんてこの間お風呂に入りながら考えていました。



はい。それだけです。疲れたので絵を貼って終わりにします。腰が痛い。

f:id:eri_mazai:20191129132150p:plain