メンヘラが生きるための日記

生きててごメンヘラ☆

オフ会に行ってきました

こんにちは、えり(@viola_alauda)です。
7月26日、Twitterのフォロワーさんとオフ会に行ってきました。
対人恐怖症のためとても緊張していましたが、色々と理解のある方で優しい方だったためリラックスして話すことができました。

電車に乗って水族館へ

朝9時半に駅前で待ち合わせだったのですが遅刻を恐れるあまり30分前に到着してしまいました。
天気は曇り、連日の猛暑と比べればとても涼しい日でした。
無事合流し、マクセルアクアパーク品川へ向かいます。
f:id:eri_mazai:20180802145102j:plain
館内に入ってまず目に入ったのは、大きな船のアトラクションでした。絶叫マシン好きの私は居ても立ってもいられず別途500円を出して挑戦。
左右に揺れるだけのシンプルなアトラクションでしたが、慣性で体が引っ張られてとても楽しかったです。

音と光がテーマ

f:id:eri_mazai:20180802145847j:plainf:id:eri_mazai:20180802145956j:plain
入り口にあたるところは夏らしく花火の映像がプロジェクションマッピングで床や壁に映し出されていました。
魚の泳ぐ水槽にも仕掛けが施され、手を触れると波紋が広がったり展示されている魚たちの情報が表示されたりと、見るものを飽きさせない工夫がなされていました。

f:id:eri_mazai:20180802182816j:plain
和のテイストのプロジェクションマッピング。外国人の観光客が多く、水槽の前で記念写真を撮る人もいました。

幻想的なクラゲたち

f:id:eri_mazai:20180802184002j:plainf:id:eri_mazai:20180802184049j:plain
更に進むと、クラゲの展示されているエリアに入ります。
大小様々なクラゲが漂っている様子は神秘的で、ずっと見ていられる気さえします。
海水浴では出会いたくない相手ですが、こうして水槽越しに見るぶんにはいいですね。

イルカショーとペンギンショー

f:id:eri_mazai:20180803145359j:plain
クラゲコーナーを抜けた先では、ちょうどイルカショーが終盤に差し掛かったところのようでした。
夏休み期間ということもあって満員で、私達は立ち見でしたが、初めて見る生のイルカにテンションが上がります。
残念ながらイルカショーはすぐに終わってしまいましたが、外にでたところで次はペンギンショーが始まりました。
鳥好きな私はその日一番興奮していたと思いますw
柵で仕切られていたもののペンギン達はすぐ近くを歩いていて、とても可愛らしかったです。

f:id:eri_mazai:20180803145939j:plainf:id:eri_mazai:20180803150055j:plain
台車に乗せられて登場した二匹のペンギン。フンボルトに近縁のケープペンギンという種類で、アフリカに生息するペンギンだそうです。

昼食後、東京スカイツリー

品川から電車で15分ほどで東京スカイツリーのある押上駅に到着。
フォロワーさんが事前にチケットを取っておいてくれたおかげで、待たずに入場できました。
また、障害者手帳で料金が半額になりお金が戻ってきたので、手帳を持っていて行く予定のある人は覚えておいて損はないかもしれないです。

展望デッキから見下ろす東京

f:id:eri_mazai:20180803151432j:plainf:id:eri_mazai:20180803151522j:plain
東京スカイツリーは350mの天望デッキと、更に上の450m天望回廊を見学することができます。
今回は最高高度の天望回廊まで行ってみました(何から何まで準備してくれたフォロワーさん、本当に感謝です)。
午後から晴れ間が出ていたものの、富士山は見えませんでした。
しかし大きな隅田川や東京タワー、霞ヶ関が一望でき、貴重な体験をすることができました。
天望回廊まではエレベーターで移動するのですが、そのエレベーターが静かで早くてびっくりでした。

f:id:eri_mazai:20180803152442j:plainf:id:eri_mazai:20180803152517j:plain
ガラス張りの床と、真下から見るスカイツリー

電車に乗って帰宅、解散

すべての行程を終える頃には、私もフォロワーさんもクタクタでした。
夕食も一緒に食べる予定でしたが疲れたのでその場で解散となりました。
うつ状態になってからというもの体力の低下が激しいですね。しかしとても楽しく貴重な経験をすることができたオフ会だったと思います。

水族館、今度は彼氏と行ってみたいな。


☆、ブックマーク等非常に励みになります。よければTwitterのほうもフォローよろしくおねがいします。